• 社協について
  • 最新情報
  • ご支援のお願い

市民後見人養成説明会の開催

成年後見制度」は認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が十分でない方を対象に、家庭裁判所が権利や財産を守る援助者を選び、その方が地域で安心して暮らすことができるよう支えていく制度です。
援助者には親族や専門職(弁護士・司法書士・社会福祉士など)、市民後見人が選任されます。「市民後見人」とは、社会貢献に意欲のある市民による後見人のことをいいます。
特別な資格は必要ありませんので、ご興味のある方は説明会にご参加ください。

説明会

(1)日時

①7月17日(水)午後2時~3時
②7月19日(金)午後3時30分~4時30分

※ 電話または申込フォームより申込みのうえ、①・②のいずれかにご参加ください。
申込はコチラ→〈申込フォーム〉(Googleフォーム)。
※ ①・②は、同じ内容です。各回定員20名。

(2)会場 

東京たま未来メッセ 第3会議室 (明神町3-19-2)

募集内容

対象

  1. 概ね65歳未満の市内在住の方
  2. 後見活動を行う意思のある方
  3. 高齢者、障がい者福祉に理解と熱意を有し、心身ともに健康な方
  4. 下記、市民後見人養成基礎講習会の全日程に参加できる方
img01.png

お問い合わせ先